任意売却を行う

任意売却を利用するには

専門業者を探す際には業者のタイプに注意しなくてはなりません。任意売却業者には「仲介業者」と「買取業者」が存在します。仲介業者は、個人・企業・団体などから幅広く買い手を募り、買い手を探してくれる業者です。買取業者は、業者が自ら買い手となってマイホームを買い取ってくれる業者です。より高値での売却が期待できるのは仲介業者です。ただ、時間に余裕があるのなら仲介業者でも構いませんが、時間に余裕がないときは確実に売却ができる買取業者のほうがいいでしょう。

住宅ローンが大幅に減額

任意売却は、返済困難となった住宅ローンの返済をするために行う不動産売却です。これを行うことにより、債権者は債務が回収でき、債務者はローン残債務を大幅に減額することができます。よって、双方にとってメリットがある方法なんですね。ただ、任意売却をするときには債権者の同が必要です。マイホームを一括で購入するケースはほとんどなく、その多くは住宅ローンを契約して長期にわたり返済をしていきます。そして、住宅ローン契約のために、ローン当該不動産を抵当権に設定します。任意売却をするとしたら、まず債権者が抵当権の解除をしなくてはなりませんので、勝手に売ることはできません。そのため、債権者の同意を得て任意売却をすることになるでしょう。