タイミングが大事

不動産を売却するためには売却するタイミングを間違ってはいけません。不動産は財産としてもとても高価な部類に入り、高額で売却することができるので、1番高く売れるタイミングで売らなければなりません。

詳しく読む

不動産を売るには

土地や建物を所有されている方は、不動産売却など考えたこともない方もいるかもしれません。 それは土地や建物自体が資産として役立つものであり、簡単に売却を決めることができないものだからです。

詳しく読む

任意売却を活用する

任意売却を利用するには

住宅ローンを利用して住宅を購入した人が、住宅ローンの返済が残っているにもかかわらず何らかの理由で住宅を手放すことを任意売却と言います。 ローンの返済中は借り入れをしている金融機関等が住宅の抵当権を持っていることになるため、住宅の所有者が勝手に自宅を売却することはできず、必ず借入先に同意を得る必要があります。また、連帯保証人がいる場合は連帯保証人の同意も必要になります。 全ての関係者の同意が得られたら任意売却の手続きを開始することが可能になりますが、手続きは個人で行う方法と、弁護士や任意売却の相談やサポートしてくれる専門の会社に依頼する方法があります。 なお、任意売却をしても残債がある場合は、返済していかなければいけません。

サポート専門会社が人気の理由

近年では景気の不安定さや雇用形態の変化などの影響により、途中で住宅ローンの返済が難しくなり任意売却を選択する人が増加傾向にあります。 そのため、任意売却をする際に総合的にサポートをしてくれる専門の会社も全国的に増えていて、利用する人も増加しています。 万が一住宅ローンの滞納が続いてしまうと、最終的には競売にかけられて強制的に自宅を手放さなければいけなくなりますが、その前に任意売却する方が競売よりも高く売却できる可能性があります。 住宅を売却するには住宅ローンの借入先や住宅購入希望者とのやり取りや手続きが必要になりますが、専門会社に依頼することでそれらの交渉を任せることができるのが人気の理由となっています。

任意売却を行う

任意売却をするには、まず任意売却専門業者を探さなくてはなりません。債権者からでも紹介してもらえますが、自ら選んだ業者のほうが自分に有利に働いてくれます。よって、お得さを求めるのなら、手間ですが自ら業者を探した方がいいでしょう。

詳しく読む